活性酸素の害!肌を老化させ、様々な疾病を招く!

お肌の老化には活性酸素がイタズラをしているって話です。
活性酸素自体は紫外線から肌を守るのに役立っていますが、
作用が強いためにかえって肌を傷つけることになってしまいます。
主にシミやシワとして表に出てくるらしいから、そのお肌…活性酸素の仕業かもしれませんよ!

人々がこぞってUVケアをしているのは紫外線から肌を守るため、ですよね。
そもそも紫外線から作られる活性酸素が良くないから、みんなスキンケアをしているってわけ。
では、活性酸素によってどんな害が及ぶのか、検証してみましょう。

まず、代表的なものとしてシミとシワです。
紫外線を浴びると活性酸素が生み出され、肌そのものが酸化していきます。
肌の酸化は老化と直結していて、メラニン色素がさらに作られ、
シミとなって表れるのです。

ではシワはどうなのでしょう?
肌の潤いを保つために働くのはおなじみコラーゲンやエラスチンなのですが。
活性酸素が酸化のために働くと、コラーゲンも急激に酸化していき、
ダメージを受けてしまうんです。
ぷるぷるお肌はコラーゲンの量によって決まりますから、
だんだんと肌の潤いやハリがなくなっていくのはもしかしたら活性酸素のせいかもしれませんね。

また紫外線と皮膚がんの関係は有名といっていいでしょう。
活性酸素によってメラニン色素が頑張ってしまうと、
ほくろのような黒いシミがやがては皮膚がんとなってしまう可能性だってあります。

では、どうしたら活性酸素からみをまもれるのでしょうか?
ひとつには酸化を防ぐ必要がありますね。
お肌の酸化防止に効果的なのはビタミンCです。
また、お肌の調子を整えるのに有効なビタミンB6、B12などもいいでしょう。
と言うことは、ビタミンが多く含まれる食品を摂るといいってことになりますね。

体の内側からまずは見直して、綺麗なお肌を目指しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です