昔やったけど、実は間違いだったスキンケア

ニキビに悩んでいる人は少なくないと思いますが、
私も以前、繰り返し出来るニキビで辛い思いをしていました。

何とかしてニキビを治したくて、毎日頑張ったのですが、
実は、その時に行ったスキンケア法が間違っていたのです。
その間違ったスキンケアのおかげで、今でもニキビ跡が残ってしまいました。

私が間違えたスキンケア法は、そもそも考え方からして間違えていたのです。

ニキビは不潔にしているから出来るのだと思って、
私は、一日に何回も洗顔しました。
それもしっかりと洗顔料を使って、ゴシゴシこすってました。

そして洗った後の肌は、ベタベタするとニキビが悪化しそうなので、
そのまま何もつけずに放置していたのです。

ところが、キレイにしているはずなのに、
一向にニキビが治らず、むしろ悪化してするばかり。

その理由は、私がスキンケアを間違えていたからでした。

洗顔すると皮膚の表面は、バリア機能が無くなってしまって、水分も油分も蒸発してしまうらしいのです。

そこで洗顔の後に、ちゃんと化粧水や乳液で保湿していたら良かったのに、
何もしなかったので、乾燥した肌は失った皮脂を取り戻そうとして、過剰に分泌し始めてしまいました。

そして、皮脂が毛穴に詰まってニキビが出来てしまったというわけなんです。

そのことを知らなかった私は、
自分で自分の肌を不安定な状態にして、
オイリーでありながら乾燥した肌にしてしまっていたのです。

ニキビって、肌が乾燥しても出来やすくなるんですね。

もっとあの頃、ニキビケアについて勉強しておくべきでした。

でも、過去の事を悔やんでも仕方ないので、
これからのスキンケアについては、間違えないようにしていきたいと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です