タバコってなんで肌によくないの?ちょっと考えてみた・・・

昔から、タバコが健康に良くないって言われていましたが、
タバコはお肌にも良くないのでしょうか?

よく考えてみたら、タバコは身体に良くない物なので、
当然皮膚にも何らかの影響があってもおかしくない物なんですよね。

でも、どうして肌にも良くないのでしょうか。

単純に、タバコを1本でビタミンCが25㎎失われ、
4本も吸うと1日に必要なビタミン量が消費されてしまうそうです。
ビタミンCが不足すると肌の弾力が失われて、シミやシワ、くすみや吹き出物、乾燥が起こりやすくなります。

また、タバコを吸うと活性酸素が増えて、細胞が老化すると言われています。
細胞が老化すると、肌のハリは失われ、若さが無くなっていくのでしょう。

それから、タバコにはニコチンが含まれているのですが、
このニコチンは、血管収縮作用があるため、身体の血流が悪くなります。
血流が悪いので肌色が悪くなってしまうかもしれません。

それだけでなく、血流が悪いと大切な栄養素を運ぶことができなくなるし、
肌のターンオーバーがきちんと働かなくなり、肌のトラブルが起こりやすくなります。

このように、やはりタバコは健康に良くないだけでなく、
肌にも良くない物だったんですね。

タバコが「百害あって一利無し」と言われてしまうのは理由があったみたいです。

キレイと言われる女性の中にも、
ヘビースモーカーの人がいるようなので、
タバコがすぐに肌の老化に繋がるわけではないのかもしれません。

でも、出来ればタバコをやめた方が、
身体も見た目も健やかな生活を送れるようになると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です